新治療計画装置RayStation®導入の初期経験

category:要旨
2015.11.24

新治療計画装置RayStation®導入の初期経験

名古屋市立大学大学院医学研究科放射線医学分野
眞鍋良彦、芝本雄太

The new radiotherapy treatment planning system RayStation®
has been introduced in our institution first in Japan for clinical
use. A wide variety of radiotherapy, i.e., conventional, stereotactic,
and intensity-modulated radiotherapy (IMRT), and proton therapy,
is supported. RayStation® is equipped with a useful auto contouring
tool (model-based segmentation). For IMRT planning, MCO (multicriteria
optimization) is available in addition to ordinary parameterbased
optimization. Using deformable image registration,
summation of dose distributions derived from different CT images
is possible. These features of the planning system enable us to
create plans easily for high precision and adaptive radiotherapy.

 2015年3月、新治療計画装置RayStation®が名古屋市立大学病院に実
臨床機として本邦初導入された。従来法による三次元照射や定位照射、強
度変調放射線治療、陽子線治療に対して幅広く対応できることや、新たな最
適化計算手法であるMCO(Multi-Criteria Optimization)やDeformable
Image Registrationを用いた異なるCT画像由来の線量分布合算機能を
有することなどが特徴である。当院では2015年9月までに延べ41例に対し
TrueBeam®による照射を施行している。

2016年11月臨時増刊目次に戻る

このページの先頭へ戻る