富士フイルム社トモシンセシス装置AMULET Innovalityの使用経験と有用性

category:要旨
2015.10.31

富士フイルム社トモシンセシス装置AMULET Innovalityの使用経験と有用性
 

山口あゆみ
長崎みなとメディカルセンター市民病院放射線部
 
 
マンモグラフィの読影において不得意とする高濃度・不均一高濃度の乳房。2D画像では乳腺と病変が重なり観察が難しい症例があった。富士フイルム社のトモシンセシスの導入により、腫瘤の存在を指摘できるケースが増え、より微細な腫瘤の辺縁や石灰化の位置を立体的に捉えることが可能になった。
 
RadFan2015年11月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る