当院における“SenoClaire(セノクレア)”の使用経験「つかえそう→つかえる→つかうべき」モダリティとしての進化

category:要旨
2015.10.31

当院における“SenoClaire(セノクレア)”の使用経験「つかえそう→つかえる→つかうべき」モダリティとしての進化
 

石部洋一 ほか
水島協同病院外科
 
 
デジタルブレストトモシンセシス(以下DBT)は、乳癌の画像診断に新しいモダリティとして登場している。DBTは、乳腺の重なりの除去や石灰化の分布の重要な情報を得られる。これにより従来のマンモグラフィ(以下2D)に比べ、より多くの乳癌を発見することが可能となり、本邦でDBTの乳癌検診への普及が期待される。当院におけるDBTの使用経験を報告する。
 
RadFan2015年11月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る