FPDになって線量は下がったのか

category:要旨
2015.10.31

FPDになって線量は下がったのか
 

今花仁人
北里大学メディカルセンター
 
 
Flat Panel Detector(FPD)は、従来のFilm-Screen(F/S)系に比べ、広いダイナミックレンジと高い量子変換効率を有している。これにより低い線量で高画質な画像を提供することが可能となった。現在、当院で使用している間接変換型FPD(キヤノン社製CXDI―31および CXDI―70C Wireless)を例に撮影線量の低減はどこまで可能となったか考察したい。
 
RadFan2015年11月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る