被曝低減へのアプローチ

category:要旨
2015.10.31

被曝低減へのアプローチ
 

佐々木 健
上尾中央総合病院
 
 
医療被曝を低減するとは単に被曝線量を下げることではなく、高い診断能を持った画像をより少ない被曝で提供できるように診療放射線技師が質を管理することと考える。
組織のガバナンスを示し、ソフトローを整備することで世代の違うスタッフが同じ目的を持って行動できる。十年一昔や働きアリの法則を組織がどのように捉えるかが重要であると考える。
 
RadFan2015年11月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る