IVR診療における56インチ フルカラー 医療用ラージディスプレイ(MDSC-8156)の有用性

category:要旨
2015.10.01

IVR診療における56インチ フルカラー
医療用ラージディスプレイ(MDSC-8156)の有用性

自治医科大学附属さいたま医療センター放射線科
濱本耕平

 今回、当院に導入されたIVR用56インチフルカラー医療用ラージディスプレイ(MDSC―8156)の有用性について報告する。このディスプレイは、高精細大画面による視認性の向上に加え、手技内容や術者の好みに応じたディスプレイ配列や表示サイズの変更が可能であり、IVR手技の精度の向上や被曝量の低減に寄与し得る。また、多種多様なモダリティとの接続が可能であり、近年の複雑化したIVR手技にも対応し得る点も有用である。
 In the present review, we reported the utility of the 56―inch full-color medical grade large display and its control system for the interventional radiology (IVR) procedures based on our clinical experiences.The advantages of this large display are the outstanding resolution (3,840 × 2,160 pixels), multiple layout combinations, multiple video source inputs, and easy and direct control by tablet computer, all of which can improve the quality of IVR procedures and contribute to reduce radiation dose even in complex cases.

RadFan2015年10月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る