骨転移の治療効果を読む

category:要旨
2015.10.01

骨転移の治療効果を読む

金沢大学附属病院核医学診療科
稲木杏吏

 転移性骨腫瘍の存在診断・治療効果の評価においては、骨シンチグラフィが用いられてきた。最近は従来の視覚的評価に加え、人工ニューラルネットワーク(Artificial Neural Network:ANN)による定量評価が行われ、一部の悪性腫瘍についてはエビデンスが蓄積されつつある。現在は骨シンチグラフィに代わり18F-FDG PET検査が主流となっている。しかし、悪性腫瘍に対する治療におけるスタディにおいて効果判定基準に採用されることは依然として少なく、エビデンスの蓄積が望まれる。
 Bone scintigraphy has been used for one of the diagnostic method of metastatic bone tumors.Recently, the quantitative evaluation by artifitical neural network (ANN) has been established in a kind of malignant tumors. And currently, 18F-FDG PET scan is utilized instead of bone scintigraphy. However, few studies were reported the usefulness of FDG-PET scan for evaluationg the effectiveness of antineoplastic therapy. Further researches will be need to establish evidence.

RadFan2015年10月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る