小児骨病変の治療効果を読む

category:要旨
2015.10.01

小児骨病変の治療効果を読む

東京慈恵会医科大学放射線医学講座
内山眞

 小児では神経芽腫は固形腫瘍で最も多く、転移部位として骨は多い。123I-MIBGシンチグラフィは神経芽腫の広がり診断及び治療効果判定に用いられ、特に骨転移の治療後消失を診断するうえで有用である。ランゲルハンス細胞組織球症は時に遭遇する疾患であり、特に骨での発症は多く、再燃も多い。骨シンチグラフィはこの治療効果判定と再発評価に有用である。
 Bone metastases of neuroblastoma and Langerhans cell histiocytosis (LCH) in children are not rare disease. 123I-MIBG scintigraphy is better tool to assess staging and detect disappearance of bone metastasis of neuroblastoma. Follow-up bone scan is available to manage the patients with LCH who show recurrence often.

RadFan2015年10月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る