心筋血流検査と血行再建後の効果を読む

category:要旨
2015.10.01

心筋血流検査と血行再建後の効果を読む

埼玉医科大学病院核医学診療科
松成一朗

 心筋血流SPECTは、非侵襲的に心筋血流を画像化することが出来る診断技術である。急性心筋梗塞ではArea at riskイメージングにより血行再建術の効果を見ることが出来る。また慢性虚血性心疾患患者においては、心筋バイアビリティを見ることで血行再建術の効果を予測することが可能である。
 Myocardial perfusion imaging as an aid for coronary revascularization. Myocardial perfusion imaging(MPI) provides a unique opportunity for area at risk measurement in patients with acute myocardialinfarction. In the setting of chronic ischemia, MPI can be used to measure tissue viability and therebypredict subsequent functional recovery following coronary revascularization. Thus, MPI serves as anaid for coronary revascularization in patients with both acute and chronic coronary heart disease.

RadFan2015年10月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る