造影剤注入履歴情報管理システムCertegra Workstation(CWS) の使用経験とその有用性

category:要旨
2015.08.28

造影剤注入履歴情報管理システムCertegra Workstation(CWS)
の使用経験とその有用性

*1社会医療法人生長会ベルランド総合病院放射線室、 *2同 中央放射線部部長
奥中雄策*1、鈴木賢昭*1、木田彰雄*2

 造影効果の再現性を確保するための履歴管理と臨床現場で優先するべき安全。これらを両立させて迅速な画像提供を行うためには、システム設計の課題に対した、より効率的な検査と履歴保存のワークフロー構築が必要となった。
 導入した造影剤注入履歴管理システムCertegra Workstationの運用方法に関する使用経験と有効性について紹介する。
 “Historical Management for securing the repeatability of contrast effect” and“Priorities of safety in clinical practice”
 In order to achieve a good balance between both successfully and provide diagnostic images promptly, it’s needed to establish more efficient examination against the issue of the system design and establish the work flow for saving history. In this paper, I`m going to introduce my usage experiment and the clinical usefulness on the operational procedures of Historical management system of contrast media-Certegra Workstation we introduced recently.

RadFan2015年9月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る