超音波画像を一体化したCentricity PACSの有用性

category:要旨
2015.07.31

超音波画像を一体化したCentricity PACSの有用性

日本大学病院消化器内科科長超音波室室長
小川眞広

 2014年10月大学病院の移転に伴い各部門サーバーから1元管理を行う統合画像管理システムを採用した。超音波画像は動画で診断を行うため動画ネットワークは特に有効であると考えられる。我々の経験よりシステムを変更することで超音波診断の弱点であった客観性の欠如を補い、空間・時間分解能の高さ発揮できる環境が整ったと考えられた。超音波診断が現代医療のマルチモダリティー時代のHUB的存在になることが実証され、今後の医
療にこれまで以上に貢献できることが予測された。
 This hospital relocated in October, 2014. This time, the hospital changed into integrated image management from each section server. Especially the moving image network was effective in the ultrasonic diagnosis. This compensated lack of the objectivity which was a weak point of the ultrasonic diagnosis, and it was thought that the environment which can carry out the height exertion of spatial and temporal resolution was ready. The ultrasonic diagnosis was considered to become existence like HUB in the diagnosis system which diagnoses by multi-modality. It was predicted that an ultrasonic diagnosis is further useful for medical treatment.

RadFan2015年8月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る