膿瘍および液体貯留に対する経皮的ドレナージ ─ 基本技術から困難症例への対処法まで─

category:要旨
2015.07.31

膿瘍および液体貯留に対する経皮的ドレナージ
─ 基本技術から困難症例への対処法まで─

慶應義塾大学医学部放射線診断科
田村 全、中塚誠之、井上政則、須山陽介、塚田実郎、小黒草太、陣崎雅弘

 昨今、術後ドレーンの早期抜去や非留置が主流になるにつれ、経皮的ドレナージ術の重要性が高まっている。経皮的ドレナージ術は低侵襲で治療効果も高く、一見困難に思える病変でも様々な工夫をすることでドレナージ可能であることが多い。この総説では膿瘍および液体貯留に対する経皮的ドレナージ術における基本技術および困難症例における対処法について解説する。
 Currently, as early removal and non-placement of postoperative drain become more mainstream, the importance of percutaneous drainage (PD) is getting higher. The purpose of this review article is to describe and illustrate the principle and various techniques of percutaneous abscess and fluidcollection drainage. By viewing this article, the readers will 1. Understand when you should perform percutaneous drainage or not. 2. Be able to choose appropriate device and imaging guidance. 3. Learn how to safely perform percutaneous drainage using basic technique and to manage the catheter. 4. Get further technique for drainage of the apparently inaccessible, challenging lesion.

RadFan2015年8月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る