血管内異物のIVR

category:要旨
2015.07.31

血管内異物のIVR

*1JA愛知厚生連海南病院放射線科、 *2愛知医科大学放射線医学講座、 *3愛知県がんセンター中央病院放射線診断 ・ IVR部、*4帝京大学附属病院放射線科
亀井誠二*1、 萩原真清*2、 佐藤洋造*3、 近藤浩史*4

 血管内異物は稀ではあるが、大部分が医原性で血栓・塞栓症、血管損傷などの合併症を生じるリスクがあり、回収されることが望まれる。血管内異物除去カテーテルを適切に用いることで低侵襲に回収可能なことが多く、操作方法に精通しておくことが必要である。本稿では血管内異物回収のIVRについて離断中心静脈カテーテル、金属コイルを中心に概説する。
 Though intravascular foreign bodies are rare, most of them are iatrogenic, might cause thrombosis, embolism, or vascular injury, and should be retrieved. They can be retrieved by using intravascular foreign body retrieval catheter safely and with less invasive. In this article, we describe interventional treatment for intravascular foreign bodies including central line fragments and migrated metallic coils.

RadFan2015年8月号目次へ戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る