多発性嚢胞腎・肝嚢胞に対するIVR治療

category:要旨
2015.07.31

多発性嚢胞腎・肝嚢胞に対するIVR治療

*1北海道大学病院放射線診断科、 *2同 内科Ⅱ、 *3市立札幌病院放射線診断科
作原祐介*1、 阿保大介*1、 曽山武士*1、 工藤與亮*1、
西尾妙織*2、 長谷川 悠*3

 多発性嚢胞腎・肝嚢胞による腎、肝の臓器腫大は、腹部膨満、嚢胞出血、嚢胞感染など様々な病態を引き起こし、患者のQOLを低下させ、時に致死的となりうる。根治療法は臓器移植だが、本邦ではドナー不足のため多くの患者は移植を受けられていない。本稿では多発性嚢胞腎患者に対するIVR治療について、TAEを中心に概説する。
 Organ enlargement of the kidneys and liver induced by multiple cysts in patients with polycystic kidney and liver disease causes severe clinical symptoms, such as abdominal distension, cyst hemorrhage, and infectious cystitis. They affect on the quality of life and may sometimes become lethal for the patient. Organ transplantation is the only and decisively curative treatment, however, most of the waiting patients cannot undergo surgery because of shortage of the donor in Japan. We describe the roll of the interventional radiological treatment for the symptomatic patients with polycystic kidney disease.

RadFan2015年8月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る