血管腫・血管奇形のIVR

category:要旨
2015.07.31

血管腫・血管奇形のIVR

一般財団法人脳神経疾患研究所附属総合南東北病院放射線科
川倉健治

 血管腫と血管奇形は良性病変であるが、部位や病態によっては治療が困難となる。これらは機能的問題、整容的問題、疼痛等で患者のQOLを損ねることがしばしばである。保存的療法や対症療法が治療として行われ、さらに外科手術、塞栓療法、硬化療法、レーザー治療、凍結療法が考慮される。ただし、それぞれには一長一短がある。病変の評価に基づいた治療戦略が必要である。

 Vascular tumors and vascular malformations are benign lesions. But they are difficult to treat, depending on sites and conditions of lesions. Functional problems, cosmetic problems, pains and so on often compromise the QOL of patients. In addition to conservative therapy and symptomatic treatments are being performed, surgery, embolization, sclerotherapy, laser therapy and cryotherapy are considered as treatment methods. But each of them has advantages and disadvantages. It requires treatment strategies based on assessments.

RadFan2015年8月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る