運動器の慢性痛に対するIVR治療

category:要旨
2015.07.31

運動器の慢性痛に対するIVR治療

*1江戸川病院運動器カテーテルセンター、 *2慶應義塾大学医学部放射線診断科
奥野祐次*1、 井上政則*2

 運動器の慢性疼痛は良性疾患であるものの著しいQOL障害を招くことがあり、運動器診療の重要な課題となっている。最近になって慢性的な疼痛部に異常な新生血管が長期にわたり残存し、疼痛の原因となっていることが報告されてきた。我々はこれらの異常血管を標的としたIVR治療を施行し報告してきた。本稿ではこれまでの治療経験に触れながら運動器の慢性疼痛に対するIVR治療の可能性を述べる。

 Studies have shown that angiogenesis may contribute to chronic pain by enabling growth of new unmyelinated sensory nerves along their path. In addition, angiogenesis is believed to contribute to the genesis of inflammation, and especially to its maintenance. From our prior experiences, over 90% of patients with musculoskeletal painful conditions including frozen shoulder, osteoarthritis, and others, have demonstrated abnormal neovessels. With the advent of new technology and skills in the field of interventional radiology, embolization of small abnormal neovessels becomes possible, and appear to be a potential target to treat chronic pain in musculo-skeletal conditions. In the present article we would like to share our experiences.

RadFan2015年8月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る