新技術トモシンセシス バイオプシーの使用経験

category:要旨
2015.06.30

新技術トモシンセシス
バイオプシーの使用経験

*1公立藤岡総合病院附属外来センター外科、*2同放射線室
松本明香*1、長島純子*2

 当院の乳腺診療は、地域のがん拠点病院として健康管理センターを併設し、健診から手術までを一連のシステムとして乳癌治療のサポートをしている。
 2014年9月に米国Hologic社製、日立メディコ社販売のトモシンセシス搭載デジタルマンモグラフィ装置、Selenia Dimensionsを導入した。運用開始後1年未満であることから症例は限られるが日本初トモシンセシスを使用したバイオプシー検査を実施したので報告する。

 The AffirmTM tomosynthesis biopsy option for Selenia® Dimensions® allows you to localize and accurately target regions of interest using Hologic 3D Mammography imaging. The Affirm tomosynthesis biopsy procedure not only enables you to easily target lesions including those
visible only in 3D Mammography images, but it is also allows you to do the biopsy procedure with less exposures, resulting in a faster procedure with reduced patient dose compared to stereotactic breast biopsy. The easy-to-use Affirm biopsy guidance system offers simplified setup, with pre-programmed settings for targeting.

RadFan2015年7月臨時増刊号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る