低用量前処置における 読影のレシピ

category:要旨
2015.06.29

低用量前処置における読影のレシピ

福島県立医科大学会津医療センター小腸・大腸・肛門科/放射線科
歌野健一

 大腸CTが他の大腸精密検査と異なる点は、タギングを併用することで、前処置の軽減が可能という点である。し
かし、実際に低用量前処置を用いて撮影を行ってみると、画質のバラツキ、具体的には固形残渣やタギングの質の
低下が問題となることがある。ある程度は読影力をつけることでカバーが可能であるが、対象に高齢者が多い、便
秘症の人が多い場合には、固形残渣の遺残など画質の低下が生じやすく、検査の精度にも悪影響をもたらす。

 Full-laxative preparation is poorly tolerated in patients for colon screening. The use of fecal tagging with CTC has proven effective in combination with a reduced cathartic cleansing. But CTC with reduced preparation caused low image quality and is not easy for readers to interpretation because residual solid stool tend to become high, and tagging quality tend to became low. This report explains procedure and points of interpretation of CTC with reduced preparation.

RadFan2015年7月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る