画像による病変定量評価の 規格化 〜 QIBA:信頼性のある定量評価を行う 取り組み〜

category:要旨
2015.06.29

画像による病変定量評価の規格化
〜 QIBA:信頼性のある定量評価を行う取り組み〜

*1Toshiba Medical Research Inst. USA、 *2京都医療科学大学医療科学
Kevin O’Donnell*1、 江本 豊*2

 QIBAは、医療画像から客観的で信頼性のある定量評価値を取り出すための取り組みである。この値は
Quantitative Imaging Biomarkersと呼ばれ、病状の把握や治療効果の判定に重要である。この実現のために
QIBAでは医療関係者と産業関係者が協力して共有する枠組み(Profile)を作成している。本稿では、QIBAの概
要とその委員会活動を紹介する。
 QIBA is an initiative to advance quantitative imaging and the use of imaging biomarkers by engaging researchers, healthcare professionals and industry. QIBA committees are developing “Profiles” to improve the value and practicality of quantitative imaging biomarkers by reducing variability across devices, patients and time. In this article, we report on the QIBA introduce and the activities of the committees.

RadFan2015年7月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る