MR detected lesion:当院での取り組み

category:要旨
2015.06.23

MR detected lesion:当院での取り組み
ブレストピアなんば病院放射線科 中原 浩

 MR detected lesionの取り扱いは各施設で様々であると思われるが、通常Second look USから精査が始められる場合が多い。Second look USで病変が検出でき、生検にて推定される組織型が得られれば問題ないが、全てが検出される訳ではない。検出されない場合にはMR-guided biopsyが必要な場合があり、当院での取り組みを紹介する。
 MR detected lesion is dealt with variously in each facility, usually further examination is started by Second look US. Second look US often detects the lesion and appropriate histological result is confirmed by biopsy; however, some lesions cannot be found by US. MR-guided biopsy is required like these cases. In this report, some of our experiences are introduced.

RadFan2015年7月臨時増刊号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る