東芝Aquilion ONE/ViSION Edition 使用経験

category:要旨
2015.05.27

東芝Aquilion ONE/ViSION Edition 使用経験
 
埼玉医科大学国際医療センター放射線科
森下 勝

 当院では320列の検出器を備えた東芝メディカルシステムズ社装置Aquilion ONE/ViSION Editionを導入してから一年が経過した。従来のHelical Scanと異なり、一回転最大16cmのVolume Scanが可能になった事で、検査の幅が広がった。今回、新たにバージョンアップに伴い追加された装置の特徴も一部含め、実際の臨床での使用経験を報告する。

RadFan2015年6月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る