冠動脈CTにおけるワークステーションの活用

category:要旨
2015.05.27

冠動脈CTにおけるワークステーションの活用
 
豊橋ハートセンター放射線科
松下俊一

 ワークステーションの進歩により、誰もが簡便に質の高い画像解析が可能となった。しかし、その機能を診療や治療に最大限に活かせるかは解析する診療放射線技師と画像を読む医師の能力に依存する。患者様にとって最大限の治療効果ができるよう、チームでサポートする努力が必要である。
 New workstation feature has become possible to provide a more rapid much information. Much of the information from the CT is useful in the successful treatment of the lesion. As a strategy of treatment, it is important to provide easy-to-understand information by the operator from the work station. For this
purpose, it is essential effort and ingenuity of analysts. In the future are expected to further progress of the workstation, but we analysis shall efforts to utilize its functionality maximally.

RadFan2015年6月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る