肝悪性腫瘍における術前3DCTの最適な撮影法と術前画像作成法

category:要旨
2015.05.27

肝悪性腫瘍における術前3DCTの最適な撮影法と術前画像作成法

札幌医科大学附属病院放射線部
原田耕平

 ワークステーションにおける技術革新によって、肝術前に重要な画像を作成することが可能となった。ワークステーションは、術後肝不全や合併症を防ぐために、残肝体積予測、正確な血管構造、正確な肝区域や支配領域の描出などの事前情報を提供することができる。加えて、最適な造影剤使用と撮影タイミングを使用した条件は、適切な画像を得るために重要である。
 Technical innovations in workstations have made it possible to generate important images before liver surgery. Workstations can provide prior information including residual liver volume prediction, precise vascular anatomy, and depiction of accurate liver sections/segments to prevent postoperative liver failure and other surgical complications. The optimal conditions using contrast media and image capture timing are important to obtain appropriate images. All planned processes and conditions are necessary to create informative 3D images to simulate potential liver surgery approaches.

RadFan2015年6月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る