Achieva dStream 3.0Tの使用経験

category:要旨
2015.04.30

Achieva dStream 3.0Tの使用経験

北福島医療センター放射線技術科
髙橋大輔、 丹治 一

 Achieva dStream 3.0TはMulti Transmit機能や受信コイルシステムのデジタル化によって、画質の向上や検査時間の短縮が図られた装置である。SNRの向上とアプリケーションの改良によって検査のバリエーションは増加し、これまで以上に質の高い画像が提供できるようになった。
 Achieva dStream 3.0T is the machine that were planned improvement of image quality and shortening of the examination time by Multi Transmit and the digitization of the receiver coil system. The variations of the examination increased by increase of SNR and improvement of the application, and came to be able to offer a higher quality image.

2015年5月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る