膵充実性腫瘤の造影所見における体外式超音波検査とCTの比較

category:要旨
2015.04.30

主題  超音波検査の優位性(CTやMRIなどの他画像と比較して)

膵充実性腫瘤の造影所見における体外式超音波検査とCTの比較

*1横浜市立大学医学部消化器内科学、 *2横浜市立大学附属市民総合医療センター消化器病センター
三輪治生*1*2、 沼田和司*2、 石井寛裕*2、 金子 卓*2、 杉森一哉*2、
田中克明*2、 前田 愼*1

 膵充実性腫瘤の血流診断において、最も普及している検査法は造影CTと言えるが、近年、高い空間分解能や血流検出感度を有する造影超音波検査の有用性も報告されている。当施設で膵充実性腫瘤に対して造影超音波検査を施行した症例について、造影CTとの診断能を比較し、鑑別診断における有用性を報告する。
 Contrast-enhanced CT is the firstly performed examination for evaluating the vascularity of solid pancreatic lesions. However, contrast-enhanced ultrasonography, provide high spatial resolution and sensitive visualization of vessels, are recently reported as useful modality for differentiation of pancreatic disease. The aim of this study is to compare the usefulness of contrast-enhanced ultrasonography with contrast-enhanced CT for differential diagnosis of solid pancreatic lesions

2015年5月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る