エラストグラフィーの基礎

category:要旨
2015.04.28

特別講演  

エラストグラフィーの基礎

東京工業大学大学院理工学研究科
蜂屋弘之

 超音波診断装置の画像を形成するのに用いられるのは縦波超音波であり、体積弾性率によって音速が変化する。一方、エラストグラフィーで画像化される物を押したときの変形に関係する生体の硬さは、せん断弾性率(剛性率)と呼ばれる指標で表現され、横波であるせん断波の伝搬速度に関係する。この硬さに関する情報は、力に対する変形、または横波の伝搬速度を計測することで得ることができる。
 Longitudinal ultrasound is used to obtain B-mode image on ultrasound imaging system. Its propagation speed changes by a bulk modulus. On the other hand, the resulting displacement for an applied load by hand is related to a shear modulus. Propagation speed of the shear wave changes by a shear modulus. Tissue stiffness information can be obtain by measuring the displacement of tissue in response to an applied force, or the propagation speed of share wave.

2015年5月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る