Shear waveの経時的推移から診た発癌リスク解析と予後予測

category:要旨
2015.04.28

要望演題  エラストグラフィーの基礎と臨床

Shear waveの経時的推移から診た発癌リスク解析と予後予測

*1兵庫医科大学超音波センター、 *2同 内科肝胆膵科、 *3同 病院病理部、 *4同 肝胆膵外科
青木智子*1*2、 田中弘教*1*2、 吉田昌弘*1、 中野智景*1、 橋本健二*1、
石井昭生*2、 高嶋智之*2、 會澤信弘*2、 池田直人*2、 榎本平之*2、
斉藤正紀*2、 廣田誠一*3、 藤元治朗*4、 西口修平*2、 飯島尋子*1*2

 超音波を用いたshear wave imagingは肝線維化診断として有用であり、非侵襲的であるため日常診療で繰
り返し測定可能である。当施設で10回以上VTQ (Virtual Touch Quantification)を測定した症例を対象とし
て、経時的推移と背景肝因子・肝発癌・生命予後の関係を検討した。肝硬度の改善群・不変群・悪化群の比較では、
改善群で観察開始時のVTQが高値である以外に背景肝因子に差を認めなかった。HCCの発生率については3群
で明らかな差は認めず、肝硬度の悪化群で有意に生命予後が不良であった。
 Shear wave imaging using an ultrasonic technique is non-invasive and very useful for diagnosis of liver fibrosis. We examined factors that correlate with temporal trends of shear waves in patients who measured by virtual touch quantification (VTQ) more than ten times. Comparing with three groups,“improvement group”, “invariance group”, “worsening group”, VTQ of start time was higher in improvement group significantly. Liver carcinogenesis rate was no difference in the three groups, on the other hand life prognosis was more poor in invariance group significantly.

2015年5月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る