Real-time tissue elastographyによる非侵襲的肝線維化診断の検討

category:要旨
2015.04.28

要望演題  エラストグラフィーの基礎と臨床

Real-time tissue elastographyによる非侵襲的肝線維化診断の検討

武蔵野赤十字病院消化器科
土谷 薫、 玉城信治、 権藤興一、 高田ひとみ、 中岫奈津子、
松田秀哉、 浅野 侑、 服部伸洋、 安井 豊、 鈴木祥子、 細川貴範、
中西裕之、 板倉 潤、 黒崎雅之、 泉 並木

 C型慢性肝炎肝生検施行例においてRTEおよびFIB―4 indexを組み合わせて線維化診断を施行した。F3―4診
断には血小板とLF-indexが、F0-1診断にはFIB―4 indexとLF-indexの組み合わせが有用であった。またLFindex
は肝炎活動性とは相関を示さなかった。肝線維化診断には複数の診断マーカーを組み合わせることが有用
である。
 We estimated liver fibrosis by combination of real-time tissue elastography (RTE) and serum fibrosis markers in chronic hepatitis C patients who received liver biopsy. As a result, LF index calculated by RTE and FIB―4 index reported as a serum fibrosis marker were both useful for predicting liver fibrosis.The area under the receiver-operator curve (AUROC) of LF index for predicting advanced fibrosis was 0.84. The combination of LF index and FIB―4 index was superior to each one for predicting liver fibrosis and valuable in clinical practice.

2015年5月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る