肝膿瘍における造影超音波検査の有用性

category:要旨
2015.04.28

主題  超音波検査の優位性(CTやMRIなどの他画像と比較して)

肝膿瘍における造影超音波検査の有用性

*1岡山赤十字病院消化器内科、*2兵庫医科大学病院超音波センター、*3同 肝胆膵内科 
橋本健二*1*2*3、田中弘教*2*3、中野智景*2*3、長谷川国大*3、高田 亮*3、楊 和典*3、石井昭生*3、高嶋智之*3、坂井良行*3、會澤信弘*3、池田直人*3、岩田恵典*3、榎本平之*3、斉藤正紀*3、西口修平*3、飯島尋子*2*3

 肝膿瘍のSonazoid造影超音波検査(CEUS)の所見を検討した。B-modeは形状不整、内部不均一、境界不明瞭なことが多く、腫瘤周囲高エコーを認めた。CEUS動脈優位相ではhoneycomb patternを多く呈し、腫瘤周囲の肝実質も染影され、腫瘤染影部と周囲の肝実質の境界は不明瞭であった。カラードプラやCEUSによる既存血管の描出は肝膿瘍診断に有用であり、更にCEUS動脈優位相は壊死をきたした膿瘍腔が明瞭となることで穿刺ドレナージ時期決定にも有用であった。
 We examined the findings of contrast enhanced ultrasonography(CEUS)of liver abscess. The findings of B-mode were irregular shape, heterogeneous internal echo, ill-defined border, and hyperechoic area around the tumor. Typical features of abscess in arterial phase of CEUS were honeycomb pattern. Both color doppler imaging and CEUS were useful for the detection of maintained vessel flow in the lesion.
CEUS during the arterial phase also could confirm abscess cavity clearly, and it was also useful for the decision of timing for drainage.

2015年5月号目次へ戻る

このページの先頭へ戻る