逐次近似画像再構成法による画質向上と低線量撮影〜IRISの使用経験について

category:要旨
2011.05.31

東邦大学医療センター大森病院放射線科
白神伸之、 宮本一成、 鈴木賢一、 岡田良行、
角尾美果、 古寺順一、 鈴木秀明、 小林正周

要旨

シーメンス社製CTに搭載されている逐次近似画像再構成法は、元データを逆投影した画像空間での逐次近似を行う手法であり、再構成時間の短縮により臨床的にストレスのない時間でノイズの少ない画像を得ることができる。検討項目もあるが、今後低被曝で高画質を得るための重要な手法の一つと思われる

このページの先頭へ戻る