東芝社製320列ADCT“Aquilion ONE™”を用いた腫瘍の呼吸性移動の評価

category:要旨
2015.02.26

東芝社製320列ADCT“Aquilion ONE™”を用いた腫瘍の呼吸性移動の評価
*1埼玉医科大学国際医療センター放射線腫瘍科、*2済生会横浜市東部病院放射線部
平井隆太*1、 宮浦和徳*1、 日戸諒一*2、 熊㟢 祐*1

 体軸方向に320列の検出器を備えたCT装置であるAquilion ONEは短時間で広範囲を撮像可能であり、時間分解能が高いボリュームデータを取得できる。呼吸性移動を伴う部位に対する現在の放射線治療における課題に対し、Aquilion ONETMがもたらす利点、可能性について述べる。Aquilion ONETMは高精度放射線治療において、新たな呼吸性移動評価ツールとして期待できる。
 Aquilion ONE has 320-detector row in longitudinal and makes it possible for us to scan quickly forwide range. Aquilion ONETM has high time-resolution; therefore, it is expected to be a new respiratory motion assessment tool. The purpose of this paper is to describe advantage and potential of Aquilion ONETM to solve the problems of today’s radiation therapy.

2015年3月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る