診療放射線技師の遠隔読影との関わり方~現状、その問題点と展望を考える~

category:要旨
2015.02.26

診療放射線技師の遠隔読影との関わり方~現状、その問題点と展望を考える~
昭和大学大学院保健医療学研究科
加藤京一

 将来、遠隔読影補助は、診療放射線技師の重要な業務になると考える。時を急がず、法的な問題を乗り越え、国民が望む診療の補助行為について、診療放射線技師の可能性は大いなるものと信じて疑わない。それには早急な「読影の補助」教育のシステム構築と実施、加えて我々診療放射線技師各自の自己研鑽が重要、必須であると考える。
I think remote diagnosis Support will be important work of the Radiology Technologistin the future.To have to clear a problem of a law, we aren’t supposed to hurry.Make an education system for the thing we have to do now and put it into effect.And it’s important to continue self-improvement.

2015年3月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る