緩和領域における経皮的椎体形成術(Percutaneous Vertebroplasty : PVP)

category:要旨
2015.02.04

緩和領域における経皮的椎体形成術(Percutaneous Vertebroplasty : PVP)
関西医科大学 放射線科学講座
米虫 敦、 鈴木聡史、 左野 明、 狩谷秀治、 中谷 幸、 吉田理絵、
河野由美子、 管 直木、 池田耕士、 宇都宮啓太、 播磨洋子、 谷川 昇

 椎体形成術は、脆弱化した椎体に対して経皮的に骨セメントを注入することによって椎体を固定し疼痛を緩和す
るIVR手技である。その侵襲の低さと効果の即効性から、近年では緩和医療のガイドラインにも収載され、広く認知
されるようになった。本稿では、日本における椎体形成術のガイドラインを紹介する。

 Percutaneous vertebroplasty is an interventional technique involving the fluoroscopically guided
injection of polymethylmethacrylate (PMMA) through a needle inserted into a weakened vertebral body.
The technique has been investigated as an option to provide mechanical support and symptomatic
relief in patients with osteoporotic vertebral compression fracture or in those with osteolytic lesions of
the spine, i.e., multiple myeloma or metastatic malignancies. We introduce the latest Japanese
guidelines of vertebroplasty.

2015年2月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る