悪性大静脈症候群に対する経皮的血管形成術

category:要旨
2015.02.04

悪性大静脈症候群に対する経皮的血管形成術
*1京都府立医科大学附属北部医療センター 放射線科、*2市立福知山市民病院 腫瘍内科
竹内義人*1、 原田大司*2

 悪性大静脈症候群は難治性かつ進行性症候を呈し、がん進行期において緊急性を要する病態を来す。金属ステ
ントを用いた経皮的血管形成術は実行性が高く、かつ速やかな症状改善を得ることができるため、胸部がんによる
上大静脈症候群のほか、腹部がんによる下大静脈症候群にも適用可能である。

 Malignant vena cava syndrome is caused by venous blood stasis when a cancer invades the superior
or the inferior vena cava. The patients suffer from progressive and intractable symptoms. Percutaneous
transcatheter venoplasty employing metallic stents is applicable for the oncologic emergency situation
since the less invasive treatment provides high feasibility and quick palliation of the symptoms. The
modality should be mentioned as an efficacious option in clinical oncology.

2015年2月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る