CT変革期? Dual Energyの発展

category:要旨
2015.02.03

CT変革期? Dual Energyの発展
秋田県立脳血管研究センター
大村知己

●ひとこと
記念すべき第100回大会のRSNAに初めて参加しました。たくさんの刺激を受けた
と同時に、自身の取り組み方について再考する機会にもなりました。初日は参加で
きたことに満足していましたが、同行グループメンバーの2名が受賞されたことも
あり、最終日には新たな欲が生まれました。今回は、脳CT perfusionの線量低減に
ついてポスター展示をしました。逐次近似応用再構成のノイズ低減強度と線量低
減率に関して、造影剤動態の再現性を重視した実測画像によるデジタルファントム
の作成方法と、ファントムによる検討結果の提示が主な内容でした。

2015年2月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る