最新の動体追跡放射線治療装置

category:要旨
2014.12.16

最新の動体追跡放射線治療装置
※1 北海道大学病院放射線治療科
※2 北海道大学大学院医学研究科医学物理工学分野
※3 北海道大学大学院医学研究科放射線医学分野
※4 北海道大学大学院工学研究院量子理工学部門
宮本直樹※1 石川正純※2 松浦妙子※1
井上哲也※3 加藤徳雄※3 清水伸一※3
鬼丸力也※3 梅垣菊男※4 白土博樹※3

 動体追跡法は、日本が世界に先駆けて実現してきた治療法であり、多くの実績を有する。本稿では、最新の迎撃照射型
動体追跡装置として、島津製作所からリリースされたX線治療用動体追跡装置「SyncTraX」、日立製作所からリリースさ
れた動体追跡陽子線スポットスキャニングシステム「PROBEAT-RT」について、その特徴と利点を紹介する。

 Real-time tumor-tracking radiotherapy has been developed in Japan. Many important researches and clinical
results have been published from Japan. In this article, we introduce two gated-irradiation systems that have
been released in recent years. The first one is SyncTraX that was released from SHIMADZU for photon therapy.
The second one is PROBEAT-RT that was released from HITACHI for spot scanned proton beam therapy. The
main specs and advantages of these systems are described.

2014年12月臨時増刊目次に戻る

このページの先頭へ戻る