ガンマナイフ治療の現状

category:要旨
2014.12.16

ガンマナイフ治療の現状
築地神経科クリニック東京ガンマユニットセンター
芹澤 徹ほか

ガンマナイフ開発の歴史を振り返り、本邦におけるガンマナイフ治療の現状について紹介する。転移性脳腫瘍、脳動静
脈奇形、聴神経腫瘍などの各種脳疾患に対するガンマナイフ治療の概要をのべる。特に転移性脳腫瘍については、現
在確立されているガンマナイフ治療のエビデンスをまじえ、詳細に概説する。さらに、将来展望、医療連携のあり方につ
いても触れる。

We introduce the present status of gamma knife (GK) radiosurgery in Japan, reviewing the history of GK. GK is
effective for brain metastases, arteriovenous malformations, acoustic tumors, other benign tumors and
functional disorders. Indications for and limitations of GK treatment for multiple brain metastases are discussed
in detail, focusing on clinical evidence of GK treatment based on two milestone studies (JROSG 99-1 and JLGK
0901). Future outlooks and medical cooperation in using GK are also briefly discussed.

2014年12月臨時増刊目次に戻る

このページの先頭へ戻る