国立がん研究センター中央病院に導入計画の加速器ホウ素中性子捕捉療法システムの概要

category:要旨
2014.12.16

国立がん研究センター中央病院に導入計画の加速器ホウ素中性子捕捉療法システムの概要
国立がん研究センター中央病院放射線治療科
伊丹 純ほか

国立がん研究センター中央病院では、病院設置型直線加速器BNCTシステムを導入する。陽子を2.5Mevまで加速し、個
体Liの標的に照射し、産生される中性子をMgFで減速し熱外中性子を得る。F-BPA PETはすでに稼働しており、BNCTの
適応決定に有用である。

Hospital-based BNCT system by linear accelerator will be installed in National Cancer Center Hospital. Protons
are accelerated to 2.5MeV and collide with solid lithium target. Resulting neutrons are decerelated in MgF to
obtain therapeutic epithermal neutrons. F-BPA PET is important to determine the indication of BNCT and already
routinely performed.

2014年12月臨時増刊目次に戻る

このページの先頭へ戻る