高精度放射線治療品質管理ツール新時代~もう測定はいらない?! 品質管理手法とツールの今後を考える

category:要旨
2014.12.16

高精度放射線治療品質管理ツール新時代~もう測定はいらない?!
品質管理手法とツールの今後を考える
広島大学大学院医歯薬保健学研究院
放射線治療連携学講座寄附講座准教授
小澤修一

 放射線治療を安全に実施するには、関連装置や患者治療データの確認(品質管理)が必須であるが、その項目は多岐
に渡り非常に煩雑である。強度変調放射線治療(IMRTおよびVMAT)の検証に関しては、治療計画全例で測定検証を行う
のが標準とされてきたが、近年、この測定検証の意義が問われるようになってきている。計算によるIMRTの検証ソフト
ウエアが各種リリースされ、米国医学物理学会(AAPM)では、これら計算によるIMRT検証に関するタスクグループが立
ち上がり、新たなガイドラインを作成するなど、放射線治療の物理・技術的品質管理において新たな動きが出てきた。

For safe implementation of radiotherapy, verification of equipment and patient treatment data (Quality
Assurance: QA) is mandatory, however the QA item is very complicated and wide-ranging. For the verifi cation of
the intensity-modulated radiation therapy (IMRT), taking measurements for all plans has been the norm so far,
but the significance of this measurement verification has come to be questioned. Since various verification
software of IMRT based on independent calculations are released these days, American Associates in Physicists
in Medicine (AAPM) organized a new task group for independent dose and MU verification for IMRT patient
specifi c quality assurance and started to prepare a new guideline. It appears that the new movement of quality
assurance of radiation therapy has risen.

2014年12月臨時増刊目次に戻る

このページの先頭へ戻る