Sonazoid造影超音波による肝細胞癌のラジオ波焼灼療法の治療効果判定

category:要旨
2014.11.28

Sonazoid造影超音波による肝細胞癌のラジオ波焼灼療法の治療効果判定
横浜市立大学附属市民総合医療センター ・ 消化器病センター
沼田和司ほか

 Sonazoid造影超音波はそれ自体が高い空間分解能、高い血流感度を有し、腎不全、妊婦、ヨードアレルギーの方でも安全に使用できる。さらにSonazoid造影超音波と融合画像や3Dを併用することで肝細胞癌のラジオ波焼灼療法(radiofrequency ablation;以下RFA)の治療効果判定、穿刺治療ガイドとして有用である。

 Sonazoid-enhanced sonography, which has a high contrast resolution and a high sensitivity forvascularity, can be used for evaluating the patient with renal dysfunction, pregnancy, and allergy foriodine contrast agent. Sonazoid-enhanced three dimensional sonography or fusion imaging combinedcontrast-enhanced sonography with contrast-enhanced CT or contrast-enhanced MRI are useful toolsfor evaluating therapeutic eff ectiveness of radiofrequency ablation and for a guidance to punctuate theviable HCC lesions.

2014年12月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る