造影超音波で迫る分子標的治療薬の治療効果判定と予後予測

category:要旨
2014.11.28

造影超音波で迫る分子標的治療薬の治療効果判定と予後予測
兵庫医科大学
田中弘教ほか

 進行肝癌に対する分子標的治療の早期効果判定の可能性について、造影超音波検査による時間輝度解析により検討した。時間輝度解析パラメータや腫瘍マーカーの中で、最も良好な治療効果(mRECICT)SD以上の早期効果判定には、急速流入時間(最高輝度値の5%から95%に至る時間)が最も良好であった。

 We evaluated the feasibility of contrast enhanced ultrasonography as a predictor of early tumorresponse of advanced hepatocellular carcinoma using time intensity (TIC) analysis. Rise time (the timebetween 5% and 95% of the peak intensity) was the most effective TIC parameter for the prediction ofthe response better than SD (mRECIST).

2014年12月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る