ソナゾイド造影超音波検査による悪性リンパ腫の化学療法効果判定

category:要旨
2014.11.28

ソナゾイド造影超音波検査による悪性リンパ腫の化学療法効果判定
日本大学
林田まり子ほか

 悪性リンパ腫の治療効果判定には造影CTが一般的だが、今回、ソナゾイド造影超音波を用いて悪性リンパ腫9症例に対し、治療早期のリンパ節の変化を観察した。治療効果の良好な症例では、早期からリンパ節の縮小が認められた。不変の3例では血流増加1例で死亡、血流低下2例でCRを維持した。
 ソナゾイド造影超音波が経過予測に有用であることが示唆された。

 Standardized response criteria for malignant lymphoma are measured lymph nodes with a PerfusionCT scan. We investigated early responses of 9 targeted lesions (7 non-Hodgkin’s lymphoma, 2 Hodgkin’s lymphoma) to therapeutic agents using Dynamic Contrast Enhanced-Ultrasound. In the goodresponders, the size of the targeted lesions was reduced within a few days. In three cases, detectedstable disease (SD) by RECIST using Ultrasound, a case which blood flow of targeted lesion increaseddied from disease progression; two cases which blood flow decreased maintained complete remission(CR). It suggested that DCE-US is useful for early prediction of malignant lymphoma response.

2014年12月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る