造影3D超音波が有用であった肝原発平滑筋肉腫の1例

category:要旨
2014.11.28

造影3D超音波が有用であった肝原発平滑筋肉腫の1例
旭川医科大学内科学講座病態代謝内科学分野
太田 雄ほか

 症例は72歳女性、病理学的に肝原発平滑筋肉腫と診断された。本例のソナゾイド造影超音波所見は血管相で不整な腫瘍血管と腫瘍濃染を呈し、後血管相では境界鮮明な欠損像を呈した。さらに造影3D超音波(造影3D)では肝癌に類似したNetwork Patternを認めた。造影3Dは本腫瘍の血管構築を検討する上で有用な手法と考えられた。

 A 72-year-old woman was diagnosed with primary hepatic leiomyosarcoma pathologically. Contrastenhancedultrasonography (CEUS) with Sonazoid showed irregular tumor vessels and tumor staining inthe vascular phase, and showed clear defect in the post-vascular phase. Contrast-enhanced threedimensionalultrasonography (CE3DUS) showed “Network Pattern” in the vascular phase. CE3DUS wasuseful for estimating vessel flows into the tumor.

2014年12月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る