トモシンセシス一般撮影の読影のポイントとピットフォール

category:要旨
2014.11.28

トモシンセシス一般撮影の読影のポイントとピットフォール
東京女子医科大学東医療センター放射線科
町田治彦

 トモシンセシスの読影はCTのMPR画像を読影する要領で行えばよい。しかし、トモシンセシスはCTに比べ面内分解能は高いが、スライス方向の分解能やコントラスト分解能は低く、特有のアーチファクトも生じる。トモシンセシスの読影でピットフォールに陥るのを防ぐには、このようなトモシンセシスとCTの違いを理解することが重要である。
 Digital tomosynthesis (DT) radiography is advantageous in a variety of clinical contexts, includingchest, orthopedic, dental, head and neck, and emergency imaging. The aim of this article is to presentpoints and potential pitfalls for reading DT images, particularly in sinonasal, orthopedic, and chestimaging. As a rule, like CT multiplanar reformation (MPR) images, DT images should be read using apaging method mainly on PACS. However, DT has a superior in-plane spatial resolution, inferior throughplanespatial and contrast resolutions, and DT-specific artifacts, compared to CT. Understanding ofthese differences between DT and CT is critical for avoiding the pitfalls.

2014年12月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る