循環器領域への応用

category:要旨
2014.11.05

循環器領域への応用
北海道大学大学院医学研究科核医学診療科
真鍋 治

 循環器領域へのPET検査の応用として、18F-FDG PETを用いた心筋viabilityの評価の有用性は既に確立され
ている。定量性の高さを活かした、心筋血流評価では多枝病変でも検出可能となる。最近では心サルコイドーシス
の評価にも18F-FDG PETが用いられており、炎症の活動性を評価することが可能である。

 Regarding the usefulness of PET for the cardiovascular disease, the assessment of myocardial
viability with 18F-FDG PET has already been established. 18F-FDG PET has also been used in the
evaluation of the activity of inflammation, especially for cardiac sarcoidosis. Due to the high
quantitative performance of PET, even the multivessel disease can be detected by the myocardial
blood flow assessment.

2014年11月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る