悪性腫瘍の治療戦略への応用2(悪性リンパ腫・腹部を中心に)

category:要旨
2014.11.05

悪性腫瘍の治療戦略への応用2(悪性リンパ腫・腹部を中心に)
北海道大学腫瘍内科
竹内 啓

 悪性腫瘍領域でのPET/CTの利点は、生検や手術に比べて低侵襲で繰り返し検査可能であること、解剖学的な
情報や病変内部の性質についての情報も得られるため初期診断だけでなく治療効果判定や腫瘍内の
heterogeneityの描出が可能であることが挙げられる。現在臨床で繁用されている18F-Fluorodeoxyglucose
だけでなく、今後さらなるバイオマーカー開発により各種トレーサーの臨床開発が進むことでPET/CTの一層の発
展が期待される。

 Most of the current biomarker approaches require invasive methods, such as a biopsy or surgical
resection, to obtain tissue specimens for analysis. Although these methods are valuable, they lack
information about localization of the biopsied tissue that could delineate heterogeneity within the lesions.
 PET/CT can provide the means for non invasive and repetitive assessments with biochemical,
functional, genetic, molecular, and signaling processes information. It can greatly improve our
understanding of the mechanisms of cancer development, progression, and individual differences.

2014年11月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る