SFA、BTK領域のガイドワイヤ選択

category:要旨
2014.10.21

SFA、BTK領域のガイドワイヤ選択
篠崎法彦

 浅大腿動脈(SFA)と膝下動脈(BTK)に対する血管内治療(EVT)においては、0.014インチや0.018インチガイドワイヤと血管内超音波を用いて理論的なガイドワイヤ操作をすることが重要である。さらに、時には0.035インチガイドワイヤの強い直進通過性を生かして、手技を行うことも必要である。本稿では、SFAとBTK領域でのEVTにおけるガイドワイヤ選択と使用法の実際を概説する。

 Logical guidewire manipulation technique using 0.014-inch or 0.018-inch guidewire, and intra vascular ultrasound together is essential for endovascular treatment(EVT)to superficial femoral artery(SFA)and below-the-knee artery(BTK). In addition, strong advancing power of 0.035-inch guidewire is sometimes useful. I will review how to select and use the guidewire for EVT to SFA and BTK in this article.

2014年10月臨時増刊号目次に戻る

このページの先頭へ戻る