起始部からの右腸骨動脈閉塞病変に対して Absolute Pro®を用いて治療した1例

category:要旨
2014.10.21

起始部からの右腸骨動脈閉塞病変に対してAbsolute Pro®を用いて治療した1例
曽我芳光

 腸骨入口部病変に対する自己拡張型ステント留置は、正確な位置決めの観点から敬遠されがちである。しかし、ステント展開時の様々な懸念がコントロールされていれば正確なステント留置は可能である。今回我々は、上肢アプローチからAbsolute Pro®を用いて腸骨入口部病変に正確なステント留置に成功した症例を経験したので提示する。

 It has been often experienced that the precise deployment of self-expandable stent(SES)is not easy for the iliac ostium lesion. In addition, for total occlusion, it appears to be more difficult. A 70-year-old man presented with right iliac occlusion from the ostium to distal external iliac. After the guidewire passage, two SESs(Absolute Pro® 8.0×100mm+8.0×80mm)were placed to cover the whole lesion. Although precise positioning for ostium lesion with SES is challanging, we successfully placed the stent. Here, we report a case of long iliac occlusion including the ostium treated with Absolute Pro®.

2014年10月臨時増刊号目次に戻る

このページの先頭へ戻る