大型肝細胞癌に対してのビーズ塞栓術:ナデシコ茜(JMS社製)を用いて

category:要旨
2014.10.21

大型肝細胞癌に対してのビーズ塞栓術:ナデシコ茜(JMS社製)を用いて
藤森将志

 高齢患者の巨大肝細胞癌(約9cm径)に対するエンボスフィアを用いた肝動脈塞栓術を経験した。腫瘍栄養血管の選択にJMS社ナデシコ茜(1.9Fr)を使用した。100~300μm径と300~500μm径のエンボスフィアを用いてTAEを行ったが注入に問題は生じず、大きな合併症なく治療を終了した。1ヵ月後のCTで良好な治療効果を確認した。

 A high age patient with large hepatocellular carcinoma(HCC)underwent transcatheter arterial embolization(TAE).A1.9-F micro-Catheter(Nadeshiko;JMS Co., Ltd. Hiroshima,Japan)was used to select arteries feeding tumors. After selecting feeding arteries, tris-acryl gelatin microspheres(Embosphere;Biosphere Medical, Rockland, MA)with diameters of 100-300μm and 300-500μm were injected into the arteries. TAE was performed without major complication. HCC treated by TAE with Embosphere showed good treatment effect of non-enhanced low attenuation areas on follow-up enhanced computed tomography images obtained 1 month after TAE.

2014年10月臨時増刊号目次に戻る

このページの先頭へ戻る