造影CT検査にエビデンスを取り入れるために

category:要旨
2014.09.30

造影CT検査にエビデンスを取り入れるために
中根 淳

 
 造影CT検査でエビデンスとなり得る項目は、造影プロトコル(体重当たりヨード量と注入時間)と撮影開始時間で
ある。これらの項目に対して、筆者が用いているアプローチは、文献調査と実機とPCによる体内循環を模擬したフ
ァントムによるTECシミュレーションである。本文では、筆者の臨床経験を含めて紹介させていただいた。
 
 Contrast enhancement in CT examinations: Items to be evidenced include scan timing and contrast
injection protocol (the dose of iodinated contrast medium per unit body weight and injection duration).
The approaches include TEC simulation using a phantom, simulation of the systemic circulation using
PC and real machine, and bibliographic survey. We have introduced this in this document, and included
the clinical experience.
 
2014年10月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る